次課長河本謝罪


母親の生活保護受給について河本さんが謝罪
確かに次長課長の河本さんは人気お笑い芸人なので
収入は高いと思う。
だが、彼の貧乏時代をどの程度の人が知っているのだろうか。
例えそれを知らなくても、生活保護については親の問題であって、
子供に影響の及ぶ話ではないと思う。
親が子の面倒をみるのは当然だ。
法的にも法定代理人としてその立場も守られている。
だが、子供の場合はどうか?
そこには道義的問題はあるにせよ、法に縛られることはない。
また、親も子に面倒を見てもらおうとは思っていないはずだ。
識者はこの問題を正面から受け止め、どの物差しで判断する
べきなのか議論を望みたい。
また、メディアにはこのことによって、河本さんの芸能活動に
マイナスな影響が出ないようにしてもらいたい。

ファイヤーキング


子供を出産して、いろいろなことに変化が起きました。
一番大きな変化は体型ですけど(笑)、それよりも意識の面で
変化が現れました。
よく、女性は今が楽しければいい、といった近視眼的な物事の
捉え方をしますが、少し男性的に先のことを気にするように
なってきました。
親になって、子供たちに何を残してやれるのか、を考える機会
が増えてきたように思います。
残してあげるものはお金ではなくて、想い出の品にしたいなと。
そこで考えているのがアメリカンアンティークのファイヤーキングです。
子供からしてみれば、パパのマグは抵抗あっても、私のなら
いいんじゃないなかあ、と思うんです。
そもそもファイヤーキングは耐熱ガラスだし、落としても割れないし、
既に50年以上前のモノなので、希少性は高まっていくと思うん
ですよね。どうですかね?
子供に残したいモノ第1位は、ファイヤーキングに決まり!